緊急時以外は借りたくないです

友情を失いそうだから、友達からはお金を借りたくないですね。

以前友人にお金を貸したことがありますが、それ以来、その友達とは距離をとって接するようになりました。

貸した金額は少額だったし、その後きちんと返してくれましたが、簡単に人にお金を借りる人なんだ、と思ってしまいました。

金額が少ないと借用書を書いてもらったりしないですし、返済を迫るのも負担に感じてしまいます。

また貸してほしいと言われると困るので、つかず離れずの距離で付き合っています。

私は人からの信用を失いたくないので、生死にかかわること以外で借金はしないようにしようと思っています。

お金を借りる行為自体が信用にかかわる。

小さい頃から「たとえ家族でもお金の貸し借りは絶対にするな」と叩き込まれて育ってきました。

幼いころからの親友でさえお金の貸し借りはしたことがありません。

趣味やギャンブルなどを借金をしてまでするなんてもってのほか、気軽にすることではないと思います。

お金を借りるのは、本当に最終手段。

どうしても生きてもいけなくなるほど追い詰められなければするべきではない。

それぐらいの覚悟でお金の使い方を考えていくべきだと思います。

金の切れ目が縁の切れ目

お金を借りる事はことわざにもあるように「金の切れ目が縁の切れ目」だと考えています。

よほどのことがない限りお金を借りる事はないけれど生活する為には借りることも仕方ないことだと思います。

生活に余裕がある人は「金の切れ目が縁の切れ目」になるから仕方ないでも子供を養ったり

相棒が働かなくお金を入れないなど特別な事情がない限り人はお金を借りることに抵抗があると思います。

失業したりその他環境の変化でお金を借りる機会があるかもしれない。

しかし出来るだけ働いてローンを組んでまで生活を脅かすことがないよう最低水準でも

しっかり働こうとおもう。

お金は人からは極力借りたくないです。特に友人からは絶対に嫌ですね。

どうしてもお金に困ってしまっても、絶対に友人からは借りたくないです。以前の職場にいた人が、すごく簡単に

同僚からお金を借りる人がいたのです。私にも、何度かお金を貸してと言ってきた事がありますが、たった数千円だからと

言われればそうなのかもしれませんが、やはり気軽にお金の貸し借りというのは極力避けたほうがいいと思うのです。

特にそれが職場内ならなおさらの事だと思います。人間関係のトラブルの大きな原因にもなりうるお金の貸し借りは

絶対に、どうしても!という動かしがたい理由がない限りは、するべきではないと考えています。

お金を借りる為に